⇒ENGLISH


 
 
 
 
トップページ  お料理  料金表 望海丸  自家製野菜  設備案内 交通アクセス
 

日本三古湯のひとつに数えられる『白浜温泉』 
その中でも最良の泉質で知られる『甘露の湯』を、なるべく自然のまま源泉かけ流しでお楽しみいただけるようにしております。
加水・消毒はしていませんが、お客様のお好みで湯加減を調整していただけます。
天然温泉特有の「湯の華」が浮いていることがありますが、これが本物の証拠!と認知していただけるとありがたいです。
浴槽の隣に設置してある木の混ぜ棒を使いながら豊富な温泉をお好みでたっぷりと出し混ぜることもお楽しみくださいませ。
そうすることにより、お湯が柔らかくなり、一層自然の恵みを感じていただけると思います。



 
  
 
 当館の温泉は湯崎地区にあり、白浜で数ある泉源の中でつるつるとした肌ざわりの良さでは唯一の泉質で重宝されています。
歴史も古く、斉明、天智、持統、文武天皇の諸帝が御幸せられ、なかでも有馬皇子の悲話が有名です。
 昔は【牟婁の温泉(むろのいでゆ)】と呼ばれて居りました。この【むろのいでゆ】の泉源が【甘露の湯】でありまして、その名のように飲用すれば慢性胃腸病や神経痛等に良く効きます。
 温泉は自然湧出で、湧出量は大変豊富です。更に水晶のように澄み切った美しさとコハクの玉のようななめらかさで肌ざわりが良く美容温泉としても喜ばれています。夜の宴会で飲み過ぎたと思ったら寝る前にたっぷりと温泉を飲んでおやすみください。翌朝はスッキリといたします。  
 
 
 

<浴用の適応性>
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・
 うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

<飲用の適応性>
慢性消化器病・慢性便秘・痛風・肝臓病


 泉温…………85.1℃ 

 泉質名………ナトリウム炭酸水素塩
         塩化物泉 

 泉質分類……弱アルカリ性低張性高温泉
        
 
「望海の湯」
温泉科学会の会長・京都大学名誉教授理博の西村進教授の言葉はこちら
 
 
 ホーム    料理案内    白浜温泉  望海丸  望海ファーム   交通アクセス    のんちゃん日記   プライバシーポリシー 
 
  (C)boukai